物語 フィンランドの歴史 – 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年 石野 裕子 著 フィンランド前必読本!

フィンランド文化

【感想】

タイトル:物語 フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年

著者:石野 裕子

 

内容

序章:フィンランド人の起源—「アジア系」という神話

第1章:スウェーデン王国の辺境—13世紀~19世紀初頭

第2章:ロシア帝国下の「大公国」—19世紀~第1次世界大戦

第3章:揺れる独立国家フィンランド—内戦~1930年代

第4章:二度の対ソ連戦争—第二次世界大戦下、揺れる小国

第5章:苦境下の「中立国」という選択―休戦~東西冷戦期

第6章:西ヨーロッパへの「接近」—ソ連崩壊~21世紀

終章:21世紀、フィンランドという価値

 

全290ページ

 

フィンランドの歴史を0から知りたい方へ

「フィンランドについて少し知ってみたいけど、歴史の本って難しそう」

この本はそんな方にも0からフィンランドの歴史について知ってもらうことができる書籍です。

アマゾンのレビューでもかなりの高評価になっています。

私自身、フィンランドについての知識はあったものの、歴史についてはあまり詳しくなく、尚且つあまり歴史系の書籍は読んできませんでした。

正直な話、不慣れな歴史本ということもあって少しつまることも多少ありました。

しかし、全体を通して、事前知識がなく、歴史本に慣れていなくても内容がすーっと入って来ると感じました。

例えば、序章でフィンランド人がしばしばアジア系と言われているという話が出てくるが、私はこの知識もありませんでした。

それでも本書では、それを知らない人も分かるような解説がなされています。

「フィンランドについて0から学びたい、でも何冊も読んで勉強するほどではない。」

このような方にとっては、ベストな一冊かと思います。

 

フィンランドの歴史を勉強してきた人にとっても学びあり

とはいえ知識0の人だけに向けられているかというとそうではありません。

もちろん、勉強している方からすると既に知っている内容は多いかもしれません。

しかし、特に中盤から後半にかけて筆者の方も特に専門的に勉強されている部分に関しては、新たな発見、新たな視点からの考察に興味をそそられると思います。

初学者、中級者どちらの方にも学びがあるように作られた素晴らしい一冊です。

 

幸福度ランキング世界1位を取るまでの苦闘

フィンランドは、2018年に幸福度世界第1位を獲得し、福祉、教育も素晴らしい国と誰もが認めるようになりました。

こんなに輝かしいイメージを持たれていますが、実はフィンランドがフィンランドとして独立したのは、ほんの100年前の1917年。

独立国家フィンランドとしてはまだ100年の歴史しかないのです。

それまでは、スウェーデン、ロシアからの侵略を繰り返し受け続けてきました。

侵略というと悪いイメージばかりが先行しますが、その時々により、フィンランドにとって悪い面ばかりではなかったこともあると本書では描かれています。

また、東西冷戦期にフィンランドが中立国として、うまく立ち回っていたところなどは、非常に興味深かったです。

東西どちらからの圧力にもうまく耐えてきた様子などが細かく描かれており、当時の様子を生々と感じることができます。

外交に関しては「サウナ外交」なるものも登場して、おもしろさがありました。

忖度ではないですが、うまく立ち回るやり方が、日本の外交と似ていると感じた部分もありました。

歴史、政治についてあまり詳しくなくても興味をそそられる内容になっています!

コラムでのフィンランド雑学がおもしろい!

歴史の話ばかりだと、あまり慣れていない方にとってはしんどくなることもあるかもしれません。

この本では、そのような方々も退屈しないおもしろコラムが用意されています。

全6つのコラムの内容は以下の通り

①フィンランド語とスウェーデン語
②酒好きの国と禁酒法
③神聖なるサウナ
④ムーミン―日本で群を抜く人気
⑤「世界一まずい料理」?の現在
⑥サンタクロース―独占が崩れるか

これらが紹介されています。

フィンランドで有名なサルミアッキという世界一まずいと言われるお菓子についても紹介されています!

ちなみにこちらフィンランド土産としても定番です(笑)

この中で特におもしろかったものや私がフィンランドに滞在した時に思った通りだ!と感じたものに関しては私の別記事でも紹介しているので是非一緒に読んでみてくださいね!

 

フィンランド旅行前に知っておくと楽しさ10倍!

このように歴史だけでなく、フィンランドの雑学も学べます。

これら事前知識があるないで旅行の楽しさを大きく左右されます!

例えば、先ほど世界一まずいお菓子を見て現地で笑えたり、今では観光地になった要塞がどんな歴史を辿ってきたものなのかが分かり、より楽しめること間違いなしです!

旅行の時にそこら中にフィンランド語表記と合わせてスウェーデン語表記が見つかるでしょう。

これらも知らなければ、言語表記が多いだけの話ですが、知っていると

「やっぱり西フィンランドはスウェーデン語表記が多めだなぁ~」

とかより多くのことに気づけます!

是非この本を読んでから旅行に行ってみて下さいね!

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

現地に訪問する前に知っておきたいフィンランドの歴史ならこの一冊で充分!

薄い本なので行く前に是非一読してみて下さいね!

 

以上

ありがとうございました!

 

コメント